亜脱臼などで様子見している期間の注意点、必要な物をまとめました。

1.様子見・亜脱臼

【注意すること】

赤ちゃんの足がM字に開脚するように気をつけましょう。
だっこをするときは「コアラだっこ」をし、抱っこひもは足が開くタイプの抱っこひもを使いましょう。

スリングは足を横から押さえつけることになるので、オススメしません。

赤ちゃんの足の動きを妨げないよう、きゅうくつなおむつや衣類は着せないようにしましょう。

ベビーカーは足を開いて乗れるA型を使い、おしりが沈み込んだり足を揃える形で乗るベビーカー(B型、バギー型)は避けましょう。

向き癖がある場合は、脱臼がひどくなるのを避けるため、体の下半分にタオルを入れる、向き癖の反対から話しかけるなどして、反対側を向かせるようにしましょう。
(向き癖と反対側の膝がたってしまい、脱臼しやすくなります)

【必要な物】

A型ベビーカー

足をしっかりと広げることができるよう、座面が平らで広々としているベビーカーを使いましょう。
すでにA型でないベビーカーを買ってしまった場合は、レンタルやリサイクルで探しても。

 

ベビー布団

おしりが沈み込まないように、少し固めの寝具を用意しましょう。
窒息防止にもなるので、一石二鳥です。

抱っこひも(エルゴ・ダクーノなど)

足がM字に開くので、股関節脱臼の赤ちゃんにぴったりです。

エルゴ
ダクーノ

ダクーノの販売サイトはこちら

通院時には……

授乳ケープ・ほ乳瓶・お湯・ミルク

小児整形外科は混んでいることが多いので、待ち時間が長くなりがち。
いつでも赤ちゃんに授乳できるように、授乳ケープを持って行くと便利です。

ミルクの赤ちゃんの場合、多めにお湯やミルクを用意していくと、ミルクが足りずに慌てなくてすみます。

おむつかえグッズ

おむつかえグッズも、なるべく多めに持っていきましょう。

着替え

診察の時におしっこを漏らしてしまうことがあるので、1~2組ほど持って行くといいと思います。